日本の職人が作るガラス製哺乳びん

made in Japan okuya glass

ガラス職人による手作り

東京下町にある「奥谷硝子製作所」。都内に2軒しか残っていない手作りガラス工場のひとつから、耐熱ガラス製「ドクターベッタ哺乳びん」が生まれます。哺乳びんの機能的で美しいフォルムは機械による大量生産が難しく、職人が1本1本手作りしています。

hand made Baby bottle
photo/ © Masaru MIZUSHIMA

1本1本手作り

ベッタのガラス製哺乳びんは、1つ1つ手作り。1個のガラス瓶を作るためには3人の職人の連携した作業により完成されます。3人の呼吸が合わない時はまったく製造できず、1日に最低0本の時もあれば最高で450本の時もあります。

Betta glass bottle Japanese craftsmen!

機械での製造とは異なり大量生産はできません。日本国内で熟練したガラス職人が赤ちゃんのために、1つ1つ丁寧に手びねりで成形しています。

Doctor Betta Baby Bottle Glass made in Japan