ハートピンで乳首のお手入れ

ベッタの乳首と乳首のお手入れ用ハートピン

もっと知ってほしい。
ベッタの乳首と乳首のお手入れ用ハートピンのこと。

哺乳びんのカタチが特徴のドクターベッタですが、乳首にもこだわっているんです。

ベッタでは2つのシリーズの乳首があります。なぜ2種類もあるかというと、実は赤ちゃんによって相性があるからなんです。赤ちゃんは素材の固さ弾力、吸い方など好みも様々で、絶対コレなら大丈夫!というのがなかなか難しいアイテム。とはいえ、赤ちゃんに合う乳首を探してあげたい!そんなママも多いはず。

ベッタとしてもまずは乳首を正しく使って、ぜひ赤ちゃんに飲んでもらいたい!そんな思いで、乳首のお手入れについて詳しくご説明します。


ベッタの乳首と乳首のお手入れ用ハートピン

ハートピンって?

乳首をお手入れする為に作られたハート形のピンです。哺乳びん1本購入すると付いてきます。限定のボトルにはその時のボトルに合わせたカラーのハートピンが付いてきます。


育児が楽しくなるデザイン

お手入れグッズだってベッタは手を抜きません。「ママがちょっとでも楽しくなるデザイン」を目指しました。


安全を考えた先端の丸み

安全を考えた先端の丸み

ママの手を傷つけないように、先端部分は優しい丸みをつけました。
*赤ちゃんには握らせないようくれぐれもお気をつけくださいね。



ベッタの乳首と乳首のお手入れ用ハートピン

にぎりやすいグリップ

よりお手入れしやすいように、先端に近い部分をちょっと太くしました。



ハートピンってどう使うの?

哺乳びんや乳首を購入して使う時は、シリコ-ンがくっついてしまっていることが多いので、毎回授乳前に「先端の穴」と「空気弁」をハートピンでやさしく開いて、お手入れしてください。


ベッタの乳首と乳首のお手入れ用ハートピン

ミルクが出にくい時は?
クロスカットの場合、先端の切れ込み部分が張り付いてしまっていることが主な原因。クロスカット部分をハートピンでやさしくつついて開いてみてください。


ベッタの乳首と乳首のお手入れ用ハートピン

乳首がつぶれてしまう時は?
乳首底面の空気弁(空気を通す切り込み部分)が張り付いて、うまく空気が流入していないことが主な原因。空気弁をハートピンでやさしく開いてください。

※ 力を入れ過ぎますと、破れてしまう可能性がございます。お取り扱いにご注意ください。
※ シリコ-ン素材には張り付きやすいという特性がございます。ご使用前に必ず毎日チェックして下さい。



ベッタの乳首と乳首のお手入れ用ハートピン

乳首ってお手入れが必要なんです。

赤ちゃんが直接口にするデリケートな部分だからこそ、日々のお手入れが大切です。

x

Language
Japanese
Open drop down